HPがリニューアルします

新しいホームページが出来ました。
作品群が出来るごとに、ギャラリーを更新していく予定です。
http://mayumisuzuki.jp/

これに伴いブログも新しくなります。こちらのexciteはそのままにしておくことにします。

今後ともよろしくお願い致します。
# by monchicamera | 2014-02-27 15:20

【写真展と講演会のお知らせ】

【写真展と講演会のお知らせ】

■写真展「親子の絆」
2014年3月10日〜16日
新潟日報メディアシップ1階 新潟日報情報館COMPASSにて 入場無料

■基調講演「女川の町と人の姿を見つめていく」
2014年3月11日(火)13:00〜
新潟市にある新潟日報メディアシップにて
入場無料ですので、ぜひお越しください(お申し込みが必要です)
http://www.niigata-nippo.co.jp/life/event/seminar/20140217095616.html

新潟にお知り合いがいらっしゃれば、お知らせいただけると幸いです。
よろしくお願いします。
f0044846_23404948.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
写真展「親子の絆」について
 
 震災から3度目の冬を迎えた女川町の親子を撮影しました。なぜ親子か?というと、そこに魅力を感じるからです。特に自分が果たせなかったからかもしれません。同世代の仲間たちに気持ちを投影している部分もありますし、彼らを応援したいというエールを写真の中に込めています。
 親から子へ、子から孫へと仕事や伝統が受け継がれていくことが、その町の歴史を形成していくと私は考えます。
 震災から3年を迎える町の様子を背景に取り入れ、親子を素の姿を撮影したいと思いました。これらの写真が、未来へ子供たちへ残す、町の記録となることを願っています。
# by monchicamera | 2014-02-25 23:41 | 311とその後

Bacalao al Pil-Pil バカラオのピルピルソース

材料
・真鱈の切り身125g
・にんにく1かけ
・オリーブ油ピュア500ml
・鷹の爪1本

作り方
添付の写真を参考に……(本場では塩鱈を使いますが、日本にはないので生の鱈を使います)

1.鱈を濃いめの塩水に30分つけておく
2.鱈を水気を拭き取って、2〜3cm幅に切る
3.オリーブ油+にんにく+鷹の爪をフライパンに入れ弱火
4.オリーブ油が人肌に温まったら鱈を投入。低温で4分ほどそのままで。
5.裏返して、さらに裏面も低温でじっくり。
6.鱈からじわーっと水分が出てくるのを見張っている
7.鱈を取り出し、お皿に移す
8.低温のまま、フライパンを回しながら、ひたすら20〜30分かき混ぜる(←ポイント!)鱈の水分とオリーブ油が混ざり合い、乳化されるのがピルピルソースである
9.マヨネーズ状になったらソースのできあがり!味見をしてみて、足りなければ塩少々を混ぜる。
10.鱈にソースをかけて完成です。

f0044846_17144745.jpg

根気のいる料理だけど、実はシンプルで奥が深い一品だと思います。素材の良さ、料理への手間の掛け方で、食べる人に愛情を感じてもらえると思います。スペインバスク地方の伝統を食してみてくださいね。
f0044846_17145254.jpg

# by monchicamera | 2014-01-30 17:14 | mayumioレストラン

女川マダムとは、臆することなく出刃包丁を使いこなせなくてはならない

女川で代々漁師をやっている同級生から、写真のお礼だということで真鱈をいただいた。とはいえ、真鱈を捌くのは、素人の私にとっては大変すぎて、さっそく知人宅へお邪魔し、女川マダムに捌いてもらいました。

『女川マダムとは、臆することなく出刃包丁を使いこなせなくてはならない』

ということを学びました(笑)

で、その切り身となった鱈をいただき、今日はタラ祭りであ〜る。
死ぬほどタラが手に入ったら試してみたい!と思っていたスペインの伝統的なレシピである「バカラオピルピル」にチャレンジしてみました。

ピルピルソースとは、見た目はマヨネーズみたいですが、水分の多い鱈の特性を生かした料理です。ただ、30分ほど微加熱をしながらかき混ぜ続けないといけないので、その辺がめんどくさい料理です。たっぷりのオリーブ油で、じっくりと塩に漬けた鱈に日を通して行きます。油で茹でている感じです。

じっくりやんわりとかき混ぜ続け、うっすらと黄色く乳化したソースは、女川の海の恵みが凝縮した味になりました。

レシピは次の投稿に載せますね♪
新鮮な鱈が手に入る人は、ぜひぜひ作ってみてください。
f0044846_17161341.jpg
f0044846_1716976.jpg

# by monchicamera | 2014-01-30 17:05 | mayumioレストラン

二見光宇馬 陶仏展 ギャラリーaTo

二見光宇馬 陶仏展
ギャラリーaTo
http://ato-g.com/

神奈川県真鶴にあるギャラリーへ、お友達の個展を見に行ってきました。彼が制作しているのは、陶器の仏像です。小さな仏像から、20cm位の作品、壁にかける平面の作品まで、様々な仏像がありました。

粘土の種類によっても上薬によっても、表情が異なる仏像が仕上がります。また仏像にも種類があり(大日如来、観音様、お釈迦様、馬頭観音など……)、またそれらのポーズによっても意味があり、その1つひとつが豊かな表情を持っていて、魅力的で興味深かったです。

彼は、素人で初めて7年目になる作家です。初期作品から新作までが並び、素晴らしい仏の表情を作るようになってきたなぁと思いました。仏像というと、彫り物が一般的だと思いますが、陶器という点でも珍しいと思います。

これら仏像作品のためにギャラリーがあるかのような、素敵な空間でした。相模湾が一望できる、ひっそりとした居心地のよいギャラリーでした。

展示は1/19(日)まで。お近くの方、ぜひご来場くださいね。入場無料で、仏像は購入することもできます。
f0044846_1252770.jpg

f0044846_125257.jpg
f0044846_1254122.jpg

# by monchicamera | 2014-01-15 12:06 | 逗子日記

1/15 TBCラジオに出演します

1/15(水)仙台を拠点とするTBC東北放送ラジオのCOLORSという番組にて、電話インタビュー出演する予定です。ラジオ番組は午前9:00〜12:00です。

話の内容は、私が父から引き継いで制作をしている女川高校の卒業アルバムについてです。女川高校は3月に3学年が卒業すると閉校します。学校のラストを飾る卒業アルバムに込める想い、父から引き継いだ仕事への感想などを語らせていただきます。宮城県内の方、どうぞお聞きくださいね♪

TBC東北放送ラジオ
http://www.tbc-sendai.co.jp/02radio/colors/index.html
# by monchicamera | 2014-01-12 20:34 | 311とその後

2014年もよろしくお願いします

2013年の日記が、夏にスペインを訪れた時のもので終わっていました。ここ数年はFacebookの利用の方が多くなっていて、ブログの方へアップしようしようと思っているうちに事柄が過ぎてしまい、結局そのままになってしまうことが多くなりました。こちらのブログのみを読んでくださっている方、すみません。

2014年はWEBの更新もしたいと思っていて、こちらのブログの活用も大幅に変えていきたいと思っています。
f0044846_1574096.jpg


昨年は種子の年で、今後やっていきたい方向の種まきを出来た年だと思います。仕事面、健康面ともにみなさまに支えられながら無事に過ごすことができました。写真作品づくりとしては、撮りたい方向性、伝えたいことを考える機会にめぐまれました。2012年3月に出版して1つの区切りができたとすれば、次のステップへ踏み出せた年になったな実感しています。幸いにもモデルになっていただくみなさんに恵まれ、協力していただけたことに感謝しています。

昨年を振り返ってみると、
1月スペイン語オンライン授業を始める
http://spani-simo.com/
5月リアスの戦士イーガー外伝DVD撮影
http://eagerdvd.thebase.in/
7月8月スペイン巡り、サンセバスチャンの料理教室参加
http://monchiblog.exblog.jp/i10/
11月 ステイトメントゼミを受講
http://tip.or.jp/yokouchi_2.html

写真以外にも充実していて、ようやく時間と心の余裕が出てきたように思います。今年は2013年に植えた種が発芽して大地に根を張れるように、しっかりと前進していきたいと思います。
# by monchicamera | 2014-01-02 15:38 | 逗子日記

グリーンスペイン+プラス で紹介されました

私が大好きなサイト「グリーンスペイン+プラス」さんで、体験談を紹介していただきました。このサイトは、バスクやリオハの食の情報が満載なんですよ〜。スペインの食に興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

■Green spain plus
http://greenspainplus.net/vinobus/

f0044846_2233741.jpg

# by monchicamera | 2013-10-05 22:33 |

カツオのタルタル

サンセバスチャンの料理学校で2度も登場した「カツオのタルタル」。私が大好きなメニューでもあります。

このタルタル、意味は分かりますか?
日本ではエビフライに付けるマヨネーズのことを「タルタルソース」と読んでいますが、ヨーロッパでは前菜として食べる生魚のことを「タルタル」と呼んでいます。牛肉ならユッケ、魚ならたたきやなめろうみたいなやつのことです。

このタルタルの語源が気になって調べたところ、意外なルーツがあることを知りました。
タルタルとは、タタール人(モンゴルの遊牧民)のことを意味し、東ヨーロッパでは14〜20世紀まで使われていた総称のようです。このタタール人の馬肉料理がルーツであるという説と、生の肉を食べるという蛮族風=タルタルと呼んだ説があります。

いずれにせよ、この料理が各国へ伝来し、朝鮮ではユッケとなり、ヨーロッパでは胡椒やレモンを入れた現在のレシピが生まれたようです。

検索すると、「タルタルステーキ」という牛肉の料理がたくさん出てきますが、スペインで食べたものは魚料理でした。刺身文化の私たちにとっては、誰もが好きな味だと思います。たまには、キリリと冷えた白ワインでどうぞ♪

作り方は至って簡単!

カツオのタルタル
・カツオ(大きめのみじん切り
・玉ねぎ1/4(細かくみじん切り)
・ケイパー 小さじ1
・塩小さじ1/2、胡椒少々、レモン汁大さじ1、オリーブ油大さじ1、お好みでタバスコ少々
作り方:全ての材料を混ぜ合わせるだけ。

魚の種類は、鮭、鯵、秋刀魚を使っても美味しいです。
f0044846_14445976.jpg

# by monchicamera | 2013-09-02 14:45 |

ニコンを極めるvol.19

Nikonのホームページに掲載されている「ニコンを極める」のコーナーで取り上げていただきました。写真家の佐藤倫子さんと私 鈴木麻弓の対談です。とても楽しい時間でした。

「85mmレンズがポートレートに向いている」という話の実例で、サクセスポートレートに参加してくださった方の写真を紹介しています。また、おながわ散歩に掲載している私のライフワークも紹介していただきました。

よかったら読んでみてくださいね♪

ニコンを極めるvol.19
http://www.nikon-image.com/enjoy/interview/nps/magazine/ultimate/19/index.htm
# by monchicamera | 2013-08-30 09:29