今年も1年が終わろうとしてます。
仙台→逗子へ引越して来て、もう1年です。
旦那サマのファミリーにも良くしてもらって、3匹の犬たちにも慣れて来て、楽しい毎日を過ごすことができています。


先日、鎌倉のカトリック教会に挨拶に言ってきました。
結婚式の相談です。私たちは信者ではないので、カトリックの考え方を理解するために「結婚講座」というものを受けなければなりません。
カトリックの神父さんが以下の内容の事をおっしゃっていました。

ーーーーーーーーー結婚というのは人生において一番『自由な選択』です。
例えば、生まれてきて、育てられて、学校に進学して、社会で働くようになって・・・と、全て環境とかタイミングとか親の意見とか利益を考えたりとか、周囲によって決定づけられる。
 だけど結婚というものだけは、損得なしに、両親にあおられることもなく、環境にも影響されることなく、自分の『自由な気持ち』で決定する、人生においてただ唯一の「自由な選択」なのです。
 挙式で一番大事なのは、『この人を伴侶とし、共に生きていく事を誓いますか?』の質問に対しての答え『はい』なのです。自由な気持ちで『はい』と言えるとこができるのであれば、その結婚は成立するわけです。
 お互いにとって、「素直な気持ち」で「はい」と言えるのが結婚するということなんですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんな内容の話でした。

 この1年間、いわば「お試し期間」みたいな感じで共同生活をしてきました。しょっちゅう喧嘩をして、自分の意見とかぶつけて、結婚なんてしなくていい!って気持ちになることもありました。結婚自体が何なのか?って考えても答えが分からなくて、ブルーになることもありました。
 「紙切れ1枚の話だから」とか「難しく考えなくていいんじゃないの?」いう人もいるけど、私はきちんとした答えが欲しかったんだと思います。教会に言って、初めて納得した答えを得る事ができました。
 ちゃんとニュートラルな気持ちで「伴侶」を選んで、『はい』を言えて、初めて成立するのが結婚だったなんて~。たったそれだけの事だったんです。
ここにたどり着くまで長かった(笑)


f0044846_129166.jpg今日の夕日を観ていたら、そういう神父さんのお言葉を思い出しました。
「この相手なら、ちゃんと『はい』って言える!自分で選んだ人なんだから。」と自信を持つことができました。ありがとう、今日の太陽!(笑)


来年の7月に結婚式です。
by monchicamera | 2008-12-31 12:07 | 逗子日記
<< 更新 美味しい印 >>