今できることをがんばろう!

3/14投稿の記事『女川の幼なじみが無事だった!』の話には続編があります。

彼女は現在仙台市内で、訪問介護の仕事をしています。ちょうど連休で帰省しているときに震災にあったわけで。月曜日から仕事をしなきゃっと言って、両親を女川に置いて仙台に戻ったんです。仙台に行っても物がなかったりライフラインが滞っているのはどこも同じ。がんばれってエールを送りながら、両親も見送ってくれたことでしょう。津波を逃れたとはいえ、両親を被災地に残したまま去るのはどんなに辛いことか。

仙台で困っている、介護が必要な老人たちが自分を待っている。職場の同僚も彼女も自分の仕事を遂行しようとがんばってる。生きていくってそういうことじゃないですか。
by monchicamera | 2011-03-15 11:25 | 311とその後
<< 女川までのルート3/13現在 女川の避難者名簿その1 >>