7ヶ月前との比較 女川散歩

震災から7ヶ月過ぎた女川、10/24(月)撮影。天気は雨が降りそうな曇り。
3/28に撮影した写真と並べてみよう。
f0044846_16575360.jpg
f0044846_16572455.jpg

震災から1ヶ月ほどで電柱が立ち、個人宅の解体も進み、夏になると大量の巨大ハエが舞い、海水に浸らない土地には雑草が生い茂った。秋になってその雑草は枯れ始め、なんだか寂しい冬を迎えそうな雰囲気だ。

f0044846_16575764.jpg

f0044846_1658946.jpg

10/24。この日から丸正旅館の解体が始まった。地盤が1m下がったため、満潮が近づくと家があった場所は海となる。道路は1mくらい底上げしてある。

f0044846_1658345.jpg

f0044846_1735681.jpg

中央左寄り(3階建ての屋根無し)は「女川町役場」、中央右寄りは「生涯教育センター」。これらが水没するくらいに津波が押し寄せた。今は公共施設を残して、民家はきれいに片付けられた。
by monchicamera | 2011-10-27 17:09 | 311とその後
<< 誰かのために頑張れること 女川散歩 >>