一年の締めくくりに

この一年は激動の年になりました。のんびりとスタートした2011年の正月。いつでも帰れるから…と思って実家には帰りませんでした。3月17日に帰る予定を組んでいました。それが前の週に巨大地震が起こったのでした。

今年。失ったものは両親と生まれ育った家でした。だけど得たものの方が多く、喜びの一年となりました。このブログやツイッターなどで、たくさんの出会いがあり、みなさんの励ましを頂き、そして入学式をきっかけに、どんどん世界へ羽ばたくチャンスを与えていただきました。あの日以来「写真家として生きて行く」と両親に誓ったことが、自分の中でも大きかったのだと思います。生きていく方向性を33歳にして決めたことが人生の転機でした。

「こんな年だったのに喜びだなんて…」と思う方もいるかもしれません。親がダメだったと分かった日、人生のどん底を味わった気分でした。だから、それに比べれば少々の辛いことは屁でもありません。小さな喜びや楽しさが重なって、どんどんそれが大きくなって、結果的に「良かったね」と言えれば人生良いものだなぁ〜と感じられるのです。

私自身、未だに津波の夢でうなされたり、逃げなかった親に対して叫んだりする夢を見ます。自分が考え過ぎるあまりにそういう夢を見るのだと思います。朝起きたとき嫌だなぁ〜と思う事もあります。福島原発や政治や国に対しても明日が見えない状況でイヤになる時もあります。私自身、もともとプラス思考の人間ではありません。だけど負の言葉を発する人に対し、仲間は寄ってくるでしょうか?

悲しむことと偲ぶことは違います。両親のことも、津波で亡くなった方に対しても今も毎日悔やむ気持ちでいっぱいです。まだ喪に服している方、精神的に前に進めない方も多いと思います。心の問題は人によって様々です。これは時間が解決するので、自分のできるスピードでかまわないと思います。ただ明るい方を見つめ、一日一回でいいからニコっと笑って欲しいと思います。笑顔の人のまわりには、たくさんの幸せが訪れるはず。そう信じています。

2011年、お世話になりました。お疲れさまでした。ありがとうございました。
f0044846_1258050.jpg

by monchicamera | 2011-12-31 13:00 | 311とその後
<< 明けましておめでとうございます 大津漁港 バトゥ・ノエル  >>