PHOTONEXT 2012 無事に終えました

PHOTONEXTに来てくださった方、ご清聴ありがとうございました。無事に40分間のスピーチを終えることができました。会場には200人ほどでしょうか、たくさんの方が集まってくれました。こうした場であってもあまり緊張しないタイプなのですが、ここだけの話、開始3分でとても喉が乾き、話しづらかったです。席を見渡すと、仙台で一緒に仕事をしていたカメラマン、おつきあいのある業者さん、東海地区のセミナーでお世話になった写真館さん、私のプロフィールを撮ってくれた稲垣さん、お義父さんのお友達、フジフイルムの写真展に来てくださった方、女川出身の先輩方など、色んな方の温かい眼差しを感じながらスピーチをすることができました。こうして応援してくださる方々がいるから、今の私がいるんだな〜と思うと感動しました。とてもありがたいです。

f0044846_18395636.jpg
私は「ポートレートの文化を日本に広めていくこと」を信念としていて、現在肖像写真に力を入れて仕事をしています。今回は震災話で終わらせたくなかったので、私の活動から見える「今の女川をリアルに感じてもらう事」と「写真の大切さ」を、今回の講演で伝えたいと思っていました。

女川マダムの活動を通して感じた事、自分の目標などを人前で話すというのは、考えてみるととても勇気のいることです。応援してくださる方も多いので、期待に答えられるように、生涯を通して、私の人生のテーマとしてやり遂げていきたいと思っております。志を同じくする人が、全国にもたくさんいるといいなぁと思っております。今後ともよろしくお願い致します。
f0044846_18405294.jpg

by monchicamera | 2012-06-27 18:52 | 311とその後
<< ドキュメンタリー「Snapsh... PHOTONEXT 2012 ... >>