祝・金華山航路 再開

離島・金華山と女川港を結ぶ航路が2013年5月3日に再開されました。 実に2年2カ月ぶりです。出航を記念して女川町の観光桟橋ではセレモニーが行われました。

金華山は、12年に一度の「巳(み)年御縁年大祭」が開催されています。ゴールデンウィーク中は毎日運行していましたが、現在は土日のみらしいです。詳しくは、潮プランニングさんまでお問い合わせ下さい。
f0044846_20293078.jpg


さてさて。セレモニー当日のレポートです。
f0044846_2029560.jpg

f0044846_202936.jpg

女川港をバックに轟会の潮騒太鼓が鳴り響き、ホタテの炭火焼が振る舞われました。

f0044846_20291719.jpg

f0044846_20292390.jpg

記念すべき第一便9:00の乗船客62名は、まず「希望の鐘」をならしてから乗船。ゴールデンウィークということもあり、親子連れや年配の方が多かったです。復幸男が記念品である高政さんのかまぼこを手渡ししていました。

f0044846_20291537.jpg

スプレーアートのD-BONSくん(女川在住、アートギルド)の作品。金華山の守り神である弁天様と巳が描かれています。彼の絵もどんどん上手になってきましたね。これから世界へ向けて育ってほしいアーティストの1人です。

f0044846_20292554.jpg
f0044846_2029281.jpg


船に結びつけた紙テープが華やかに青空に舞いました。この紙テープを使った見送りは、昔から女川港でよく行われていた風景で、昭和の懐かしい思い出が甦ってきました。カラフルな大漁旗に見送られ、第一便の「ベガ」は出発していきました。
by monchicamera | 2013-05-09 20:27 | 311とその後
<< 元気玉通信13 熊野神社例大祭2013 >>