女川マダムとは、臆することなく出刃包丁を使いこなせなくてはならない

女川で代々漁師をやっている同級生から、写真のお礼だということで真鱈をいただいた。とはいえ、真鱈を捌くのは、素人の私にとっては大変すぎて、さっそく知人宅へお邪魔し、女川マダムに捌いてもらいました。

『女川マダムとは、臆することなく出刃包丁を使いこなせなくてはならない』

ということを学びました(笑)

で、その切り身となった鱈をいただき、今日はタラ祭りであ〜る。
死ぬほどタラが手に入ったら試してみたい!と思っていたスペインの伝統的なレシピである「バカラオピルピル」にチャレンジしてみました。

ピルピルソースとは、見た目はマヨネーズみたいですが、水分の多い鱈の特性を生かした料理です。ただ、30分ほど微加熱をしながらかき混ぜ続けないといけないので、その辺がめんどくさい料理です。たっぷりのオリーブ油で、じっくりと塩に漬けた鱈に日を通して行きます。油で茹でている感じです。

じっくりやんわりとかき混ぜ続け、うっすらと黄色く乳化したソースは、女川の海の恵みが凝縮した味になりました。

レシピは次の投稿に載せますね♪
新鮮な鱈が手に入る人は、ぜひぜひ作ってみてください。
f0044846_17161341.jpg
f0044846_1716976.jpg

by monchicamera | 2014-01-30 17:05 | mayumioレストラン
<< Bacalao al Pil-... 二見光宇馬 陶仏展 ギャラリーaTo >>