カテゴリ:mayumioレストラン( 52 )

Bacalao al Pil-Pil バカラオのピルピルソース

材料
・真鱈の切り身125g
・にんにく1かけ
・オリーブ油ピュア500ml
・鷹の爪1本

作り方
添付の写真を参考に……(本場では塩鱈を使いますが、日本にはないので生の鱈を使います)

1.鱈を濃いめの塩水に30分つけておく
2.鱈を水気を拭き取って、2〜3cm幅に切る
3.オリーブ油+にんにく+鷹の爪をフライパンに入れ弱火
4.オリーブ油が人肌に温まったら鱈を投入。低温で4分ほどそのままで。
5.裏返して、さらに裏面も低温でじっくり。
6.鱈からじわーっと水分が出てくるのを見張っている
7.鱈を取り出し、お皿に移す
8.低温のまま、フライパンを回しながら、ひたすら20〜30分かき混ぜる(←ポイント!)鱈の水分とオリーブ油が混ざり合い、乳化されるのがピルピルソースである
9.マヨネーズ状になったらソースのできあがり!味見をしてみて、足りなければ塩少々を混ぜる。
10.鱈にソースをかけて完成です。

f0044846_17144745.jpg

根気のいる料理だけど、実はシンプルで奥が深い一品だと思います。素材の良さ、料理への手間の掛け方で、食べる人に愛情を感じてもらえると思います。スペインバスク地方の伝統を食してみてくださいね。
f0044846_17145254.jpg

by monchicamera | 2014-01-30 17:14 | mayumioレストラン

女川マダムとは、臆することなく出刃包丁を使いこなせなくてはならない

女川で代々漁師をやっている同級生から、写真のお礼だということで真鱈をいただいた。とはいえ、真鱈を捌くのは、素人の私にとっては大変すぎて、さっそく知人宅へお邪魔し、女川マダムに捌いてもらいました。

『女川マダムとは、臆することなく出刃包丁を使いこなせなくてはならない』

ということを学びました(笑)

で、その切り身となった鱈をいただき、今日はタラ祭りであ〜る。
死ぬほどタラが手に入ったら試してみたい!と思っていたスペインの伝統的なレシピである「バカラオピルピル」にチャレンジしてみました。

ピルピルソースとは、見た目はマヨネーズみたいですが、水分の多い鱈の特性を生かした料理です。ただ、30分ほど微加熱をしながらかき混ぜ続けないといけないので、その辺がめんどくさい料理です。たっぷりのオリーブ油で、じっくりと塩に漬けた鱈に日を通して行きます。油で茹でている感じです。

じっくりやんわりとかき混ぜ続け、うっすらと黄色く乳化したソースは、女川の海の恵みが凝縮した味になりました。

レシピは次の投稿に載せますね♪
新鮮な鱈が手に入る人は、ぜひぜひ作ってみてください。
f0044846_17161341.jpg
f0044846_1716976.jpg

by monchicamera | 2014-01-30 17:05 | mayumioレストラン

パプリカが安かったら・・・

f0044846_13435995.jpgパプリカが安く売っていたら、是非やってほしい簡単レシピがあります。
【パプリカのオーブン焼き】
1.オーブンで焼いて、
2.皮をむいて(トマトの皮みたいにするっと剥けます)、
3.塩少々、ニンニク&オリープ油に付けておくだけ。

それだけです。

f0044846_13441345.jpgフランスパンと一緒に食べたり、ワインのおつまみにしたり。
日持ちもするので、安いときに買って作り置きすると便利です。
パプリカのフルーティーな甘みが味わえます。私は焼きトマトより野菜の甘みが感じられるので好きです。
ペースト状にして、焼き野菜のディップにしても美味しいです。是非。
by monchicamera | 2011-01-06 13:46 | mayumioレストラン

イクラ醤油漬け

f0044846_0153583.jpg生すじこを買ってきました。
初めて作ったいくらの醤油漬け。 オレンジの宝石箱みたいでキレイです。
めんどくさいなーと思いながら。 生ぬる湯でも火がとおらない卵に感心。


意外と簡単に出来ました。
醤油の味もしみこんで、新鮮にぷちぷちとした食感を保ってて美味しいです。
秋鮭も買ってくれば、はらこめしになったのになぁ。
by monchicamera | 2010-09-28 19:14 | mayumioレストラン

秋刀魚の煮込み

f0044846_22102193.jpg今夜はスペイン・ガリシア地方の料理「いわしの煮込み」をアレンジして「秋刀魚の煮込み」にしてみました。土鍋を使って、トマトやじゃがいもなど・・・。軽めの赤ワインがとってもあう一品で~す。 見た目はあんまりキレイじゃないか(笑)味は格別です。野菜の旨みが魚に浸みていて、もうすこし寒くなってきた頃に食べたいな~と思います。
by monchicamera | 2010-09-21 22:11 | mayumioレストラン

タコのガリシア風

f0044846_575268.jpgスペイン語、毎日30分ずつ。

スペインの料理もとても楽しい。
たいした食材はないし、調理方法もシンプル。
だけど見た目は華やかで、食べるものを楽しませてくれる。
なんか、スペイン人の気質っていうか、そういうのが出てる気がする。


今夜は「タコのガリシア風」をおつまみに。
スペイン料理は、粉末のパプリカをよく使う。
タコはローリエを1枚入れたお湯で煮る。
普通に茹でたときと、格段に味わいが変わる。

夏のBBQのメニューの話で盛り上がる。
今年のテーマは『スペイン祭り』にしようかな。
パエリアの練習、しなくっちゃ。
by monchicamera | 2010-05-25 05:08 | mayumioレストラン

インゲン豆のサラダ

f0044846_5131061.jpg今日の晩ご飯は、スペインの家庭料理『インゲン豆のサラダ』で始まり。インゲン豆、新たまねぎ、ピーマン、トマト、ツナ、オリーブ、ゆで卵を乗せて完成!!

ドレッシングは、オリーブ油とビネガーと塩コショウ、パプリカ(粉末)を混ぜるだけと、いたって簡単。すごい簡単なのに、彩りもキレイです。

あとは、残り物のサーモン刺身とアボガド。
これも同じドレッシングで頂きます。
Que buena pinta!(おいしそう!)
これから、まったりと酔っ払いま~す。
by monchicamera | 2010-05-10 05:12 | mayumioレストラン

アボガドハンバーグ

f0044846_14245210.jpg1.アボガド1個(皮は容器として使うので、捨てないでね)を二つに切って、中身をスプーンでくりぬきます。
2.ひき肉と炒めた玉葱とアボガドに、塩コショウナツメグを入れて粘りが出るまで捏ねる
3.アボガドの皮に2を詰める。
4.フライパンで蓋をして蒸すように焼く。
5.トマトソースか、おろしポン酢をかけて完成!


要するに、通常使用する「パン粉&卵」をアボガドに置き換えるだけでOK!!意外にも、アボガドは加熱しても緑色を保っていて、色もきれいです。

私は【アボガドハンバーグ】と同時に【ボロネーゼ】も作りました。
2品出来るから、昼と夜のごはんが完成!!
今日は、面倒くさかったので、ハンバーグの上にボロネーゼをかけました。

玉葱、人参、セロリの炒めた具を半分使えばいいし、ひき肉も多めに用意すればいいだけだし、楽チンだね。
by monchicamera | 2010-04-28 14:25 | mayumioレストラン

塩辛のパスタ

f0044846_18315989.jpgイカの塩辛と生クリームがこんなに美味しい組み合わせだったとは・・・30年間生きてて知りませんでした。ヤバイ、ヤバすぎるぅ。明日のランチも同じものを食べちゃいそうだな。みんなも試してみてくださ~い!!

パスタを作るときは、塩辛をあんまり火に通さない方が美味しいかも。ま、好みはあるけど。今日はしめじを足してみました。
「塩辛はジャパニーズ・アンチョビです!」byグッチ
by monchicamera | 2008-04-20 18:32 | mayumioレストラン

数の子パスタ

f0044846_1011835.jpgおせちの残り物をもらってきて(ダーリンの家族に「こんなマズイものは要らないから、ぜーんぶ持っていってよいよ~!!」と言われちゃった)、数の子とイクラのパスタを作ってみました。
ガーリックと粉末昆布だしが決め手の和風パスタ。麺がなかったので、フィットチーネで。
数の子って火を通しても美味しいのね。水菜のしゃきしゃき感と良く合いますわー。
by monchicamera | 2008-01-04 10:07 | mayumioレストラン