カテゴリ:France2007( 5 )

Jan 14/ 映画ロケ地の見学コース

f0044846_1173067.jpg映画『アメリ』は、女の子だったら誰でも憧れたりすると思う。フランスの街並みも、アメリの独特なキャラクターも、インテリアや雑貨もかわいい。アメリが働いていた設定のCafeも実在する。中は映画のように、お客さん珈琲を飲んだり、アルコールを飲んだりしている。けど、街の人が行き来するCafeというよりも、観光客むけのCafeになっていて、ちょっと悲しいかな・・・。

f0044846_1175034.jpg
あの映画の舞台は、Paris北側に位置するモンマルトル。丘の上に寺院があって、、ベタな観光スポットである。寺院へと続く大階段には観光客が座って一休み。やはり、大道芸人にとっても稼ぎ所なようで、一望できる美しいParisの街を背にプレイする姿がカッコイイ。全世界を手に入れたかのように、最後のポーズが決まって、大喝采を浴びる。きもちいいだろうなぁ。

f0044846_11132661.jpg路地を下って、大きな通りにでる。
すると『ムーラン・ルージュ』がデーンと見えてくる。ピンクのネオン。大型観光バスが4~5台と待っていた。これからショーを観る人たちかな?まさか、ここの建物の前で記念写真だけ撮って帰るわけじゃないだろ??(実際、ツアーに組み込まれているのがスゴイね)
by monchicamera | 2007-02-18 11:14 | France2007

Jan 14/ 路地をうろうろ

f0044846_22374766.jpgParisの正しい歩き方とは?
「路地をうろうろすること」
「疲れたらCafeで一休みすること」
「甘い香りがしてきたら、とりあえず食べてみること」f0044846_22365077.jpg

まずはセーヌ川沿いを歩く。石畳の遊歩道。
右岸にはルーブル美術館。左岸にはサンジェルマン・デ・プレ。シテ島はメジャー観光的な歩き方かもしれないが、朝の光を浴びながらココを歩くのが好きだ。
Parisに来たら真っ先に歩きたい、お気に入りの散歩コース。
犬のウンコにだけは、くれぐれも注意(笑)。

そういえば大学生の頃は、エルスケンの撮影した『セーヌ左岸の恋』とか、レオス・カラックス監督の映画『ポンヌフの恋人』に憧れたなぁ…。

f0044846_22393241.jpg今日は朝から天気がいい。
美味しそうなパン屋を見つけて、エスプレッソを飲んで、ゆっくりと朝ごはんしよう。
by monchicamera | 2007-02-16 22:27 | France2007

Jan 14/ 同じ場所の同じ店

f0044846_1439124.jpg前に訪れた時に、古本屋の主人と猫を撮ったことがある。

f0044846_1528585.jpg6年ぶりにシテ島へ向かってみると、やっぱりその古本屋はあった。
ノートルダム大聖堂から聞こえてくる日曜ミサの鐘。

同じ場所に同じ店がある。旅人にとっての安心感。
この街を何度も訪れてしまう理由がここにある。
by monchicamera | 2007-02-16 14:42 | France2007

Jan 13/ 6年ぶりのParis

f0044846_22544790.jpg初めて行った外国はフランスだった。
今回は自分にとって原点に帰るという旅。いつもの黒いリュックを背負い、シャルル・ド・ゴール空港に降り立つ。

バスに乗ってParis市内へ。土曜日の夜。賑わいをみせるオペラ座の横を通り抜けて、メトロへ。カルネ(回数券)を買って、今夜はバスティーユ近くのユースホステルへ。
空港でもらった市街地図をたよりに、うっすらと記憶している通りを歩く。そうそう、旅ってこんな感じ。

6年ぶりの冬のParisは暖かく、そして何か楽しいことの予兆を感じさせる、そんな雰囲気に包まれていた。
by monchicamera | 2007-02-15 22:59 | France2007

parisより

フランスの旅もいよいよ終盤です。
今はPARISにあるネットカフェから書き込みしてます。


地中海・マルセイユは思っていた街と違って、ある意味がっがりでした。「元祖・マルセイユ石鹸を探せ!」みたいな旅にしたかったんだけど、思った以上に大都市で、ごちゃごちゃしてて、石鹸屋とかハーブショップみたいなのは目につくところ、どこにもなくて、しょうがなくロクシタンを眺めるくらいで…終了。
本場のブイヤベースは美味しかったからいいか。

次に食の街・リヨンに行きました。
ここは大当たり!!フランスらしい、フランスがありました。街は世界遺産に指定されているだけあって、中世の建築が並んでいて、レストランも気軽に入れてしかも美味しい!!新たなマユミレシピが増えました。

その次はブルゴーニュワインの里・ボーヌへ。
人口2.5万人の小さな小さな町です。ひょっとして村かも?!
15世紀に建てられた「オテル・デュー」の建築は威厳を放っていて、ヨーロッパってすごいなぁと改めて思いました。

ただ、残念なのが、今回の目的であった「ワインを巡る旅」が予定通り決行されなかったこと。
地方にあるワイナリーへ、観光局のツアーで連れて行ってくれる企画があるんだけど、オフシーズンという理由とお一人様はダメという理由で参加できなかった。。。

なので、ボーヌの街にあるワイナリーを尋ねたんだけど、16種類ものワインとテイスティングした他に、残り5本とか10本とかいう、プロが買い付けにくるようなワインまで試飲させてもらいました。詳しくは後ほどブログにアップします。

今日はこれから、大好きなマレ地区を散歩して、シテ島でベタなエッフェル塔の置物をゲットしようかと思ってます。
午後からは、宿の近く・バスティーユ付近でショッピングの予定。


ブログのカテゴリに「フランス旅日記2007」を追加しました。
帰国後、たくさんのストーリーをアップしたいと思います。
by monchicamera | 2007-01-20 10:04 | France2007