<   2006年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2006年を振り返って

日記を検索していたら「2006年の抱負」がありました。


振り返ってみると、
f0044846_10383451.jpg1.スペイン語をマスター
2.貯金する
3. ダイエットという名のアンチエイジング (フィットネスの習慣化)
4.楽器がひけるようになる
5.仕事における写真の脱マンネリ化
ってあたりが目標でした。

まず1スペイン語。
やっぱり語学って必要がないと覚えないもんですね。マスターしたか?って言われると無ですが。ただ2006年の1~2月はメキシコ・グアテマラを旅していたし、メキシコに関しては3度目だったので、前よりも単語が分かるようにはなったかなぁと思います。「おっちゃん、おつりが足んないんだけど・・・、ちゃんと返せ!」とかね(笑)まだまだ進歩の余地あり。

2の貯金に関して。
今冬のバケーションの資金も溜めたので、達成ということで。

3の健康面に関して 。
夏に3ヶ月かけて-6kgを達成。
苦手だった運動も習慣化して、今では週3はジムに通ってトレーニング。おかげで腹筋がちゃんと割れてます!(かなり自慢)体力もついてきたし、食生活も改善されたし。肌の調子も良いし、そして精神的な安定が大きいかな。目標を達成するまでの努力。今思うと並大抵じゃなかったなぁ。かなりストイックになってたもん。でも結果として、自分に自信が持てるようになったから良いと思う。

4の楽器に関して。
当初はクラシックギターが弾けるようになりたいって思ってましたが、向き不向きで言うと、完全なる「不向き」だったので方向転換→中学まで習っていたピアノを復活!
12月ではありましたが、親友の結婚式で演奏するという目的を果たせました!なので「達成」ということで。

5の写真に関して。
難しいなぁ。もっと努力しなくちゃならんです。
仕事の内容が変わり、2006年から新たに「料理写真」という分野にもチャレンジするようになりました。これは自分にとってとても意義があると思うな。


というわけで振り返ってみましたが、自分なりに充実はしてたと思います。これも皆様の支えがあってこそ。たくさんの人に応援してもらって、友人に助けてもらって、ここまで成長してこれたんだなぁと思います。みなさん、ありがとう!
そして、2007年も躍進し続けます!!
これからもずーっと、よろしくお願いいたします。
by monchicamera | 2006-12-31 10:39 | 仙台日記

さて何でしょう?

f0044846_1630473.jpgさて、この緑色の液体は何でしょう?

f0044846_16302876.jpg
ヒントは、ボウルの中の攪拌(かくはん)状態。オリーブ油と混ざり合ってます。




f0044846_910266.jpg答えは・・・「ほうれん草の石鹸」です。
葉緑素には消臭効果もあって、ほうれん草に含まれるカロチンが傷の修復も助けてくれます。
今回は、ミントの香りをつけて、茶色×白×緑というトリコロールを作ってみました♪ ただいま、すやすやと熟成中。

解禁は1ヵ月後に…。¥400、限定8個。予約待ってます★
by monchicamera | 2006-12-29 16:31 | 手作り石鹸

シンプルな朝食

焼きたてパンに、フレンチプレスで入れた珈琲。
シンプルだからこそ、今日もがんばろーって思える朝食です。

f0044846_15555718.jpgいつもドリップだけど、今朝は気分的にフレンチプレスで。フランスに行くと決めてから、ずーっと「フレンチ」と名のつくものを引っ張り出してるわー。プレスで入れると何が違うって、クレマです、クレマ!!一見、濃そうに見えるけど、飲むとさっぱりしているのがプレスで入れたときの特徴。

f0044846_15561616.jpgパンを焼くのも苦手だったけど、だんだん慣れてきました。やっと食パンは美味しく作れるようになったかな。ジャムは手作りクランベリー。白ワインとハチミツで煮詰めた。甘さ控えめ、酸味があって美味しい。これはスコーンや蕎麦粉クレープにも合うかも!

そういえば、最近「コンフィチュール」って名前を耳にする。要するにジャムのことらしいんだけど。オーガニックの野菜たちを季節ごとに味わって、フルーツも自然の甘みのまま味わって・・・。いっぱいの太陽とそこに暮らす人々の笑顔。プロバンスの魅力かな。まだ行ったことがない土地だけど、来月訪れたら好きになってしまいそうだなぁ。私の前世はきっと、トスカーナのイタリアおばさんだと思ってたけど、もしかすると南仏出身かもしれない・・・(笑)
by monchicamera | 2006-12-29 15:55 | mayumioレストラン

二日酔いには○○が効果的です

f0044846_1473390.jpg「酒は飲んでも飲まれるなっ!」とよく言ったものです。昨夜は完全に飲まれてしまいました~。
今朝は近所の病院へ。「二日酔いがひどいので、点滴を打ってもらえませんか?」と。こういう客っているんだろうか?我ながら恥ずかしいです。でも、家で「あー、死にそう・・・」と寝ているのも時間がもったいないし、1時間の点滴で生き返るのなら楽なもんです。ノロウィルスじゃないっすよ!

自分には『3杯ルール』という大鉄則がありまして・・・。ビールはジョッキ3杯まで、ワインもグラス3杯まで(ボトルの半分)、ラムを飲むときも3杯まで。それ以上飲むと、限界点を超えて吐いてしまうのです。

なのに、なのに、昨日は気を抜いてしまった!!!(ドッカーン)
数えてみると、ビールはジョッキで2~3杯(次々と注がれると分からない)。その後、ワインを・・・何杯だっけ?女性2人なのに、ボトルが2本置いてありました。ようは限界の限界のさらに上を行っちゃってたわけです。
家に帰ってから、ずーっとトイレにいました。いつ寝たんだろう?起きたらベットに居ました。そして朝には、ポカリを飲んでも吐いてしまう状態に…。で、点滴を打ちに行ったわけです。

「酒は飲んでも飲まれてはならない」と、何年に1度は思うわけです(笑)
by monchicamera | 2006-12-28 14:08 | 仙台日記

ラフテー★冬のあったかごはん

f0044846_2255449.jpg豚バラ肉のかたまり+大根を沖縄風にぐつぐつと煮ました。通常なら、焼酎や泡盛で煮るとそれっぽくなるんですが、今日は手抜き料理です。なんと「沖縄そばのスープの素」を利用。よく、煮物をめんつゆでごまかすでしょー?それの沖縄バージョンです。楽チンだわ~♪

f0044846_22552257.jpgで、おやつにはブラックベリー。日本ではなかなか売っていないので、1パックが¥280って値段を見たとき、即買しました。なんとかベリーって名前のつくものは(ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリー、クランベリー等)、ぜーんぶ好物です。カナダでは、スタンリー公園の中に、野生のブラックベリーがなっていて、勝手に採って食べたのを思い出しました。
by monchicamera | 2006-12-26 22:56 | mayumioレストラン

Merry Christmas!

f0044846_1241899.jpgクリスマスといえば、色々な思い出が蘇えります。
今年はそれを思い出させてくれるステキなクリスマスカードが各国から届きました。
6年前のParis。ホテルで出会った、わたしと同じ名前の女性。『真由美さんと麻弓のクリスマス』。運命を感じます。彼女はキレイなフランス語を話すステキな女性で、一緒にセーヌ左岸を散歩したり、ノートルダム大寺院近くのレストランで食事したり。6年間もご無沙汰してましたが、カードが届いてビックリしました。やっぱり、Parisの街が私を呼んでいるんだわ~♪トレビア~ン☆


f0044846_1249217.jpgクリスマス話をもう1つ。
アメリカ的なクリスマスも過ごした、4年前のSan Diego。当時付き合っていたダーリンの姉弟の家に連れて行かれ、ターキーを食べたり、踊ったり、ツリーの下に各々のプレゼントを置いて、25日の朝にみんなで開けようと思ったら、配管が壊れて、ツリーの下が水びたし…(苦笑)。普通だったら「大変だわ~。工事しなきゃ!」ってなるところが、「プレゼントが濡れちゃう!!」と大騒ぎだったお姉さん。
「どっちが大事なんだよ!」「これがアメリカの一般家庭のクリスマスなんだなぁ~」ってのを思い出しました。

f0044846_1242774.jpgこのお姉さんの家って、San Diegoでも高級住宅地に属するラ・ホヤ海岸の目の前にあり、ピカソのデッザン(マジで本物!)が飾ってあったりする、小さいながらも謎の多いセレブ宅でした。写真は、そんな家で酔っ払う私です。着ているTシャツは自分でデザインしたもの。若いねっ!

f0044846_12424120.jpgSan DiegoからSeattleの家に戻ると、仲間たちが部屋に飾っていた靴下!!
ルームメイトの母が送ってきた「文字マジックテープ」を靴下に張ったりして、暖炉に飾ってありました♪So cute!! 
ってか、こういうアルファベットのテープを35歳の息子に送ってくる母親ってスゴイです。
by monchicamera | 2006-12-25 12:43 | 仙台日記

安らかなクリスマスイブの日

今日は日帰りで秋田県羽後町へ。母の一番上の姉が亡くなった。78歳。
私は明日の葬儀へは参列できないので、入棺する今日、お別れの挨拶に行くことにした。
伯母さんの顔がとっても安らかだった。先月会いにいって沢山お話しててよかったなぁと思う。棺桶には、思い出の品と好物だったというグリコのカフェオレも入れてあげた(本人の遺言だったというから驚きだ)。伯母さんの新たな旅立ち、見守ってあげることが出来てよかった。

ステキだなぁと思ったのは、旦那さんが奥さんに宛てて書いた短歌も一緒に納めたこと。伯父さんだって辛いだろうに…。でも、優しい眼差しでずーっと見守ってた。伯父さんがどんな言葉を最後に託したのかは分からないけど、愛情いっぱいのステキな言葉で書かれているんだろうと思う。

先日、伯母さんにこっそりと書いてもらった娘さん宛てのメッセージがあった。その話をしながら、
「伯父さんの書く字と、伯母さんの書く字って似てる気がする。顔が似ている夫婦はたくさんいるけど、字が似ている夫婦ってなかなかいないよ!」と言うと、伯父さんは嬉しそうに「愛してるからねぇ~」と小さな声で照れくさそうに言った。

人生の中では色んな出会いがあったり、別れがあったり。29歳になって、だんだんと人の嬉しさも痛みも、理解できるようになってきた。
伯父さんのこころ。彼の肩をそっと抱いた時に理解できたような気がした。そして私の気持ちもその一瞬で伝わった気がする。「伯母さんのようなステキな女性が奥さんでよかったね♪」って。
by monchicamera | 2006-12-24 22:53 | 仙台日記

22人と会話をした日

f0044846_0233961.jpg昼。
本屋で買ったもの。旅関係の雑誌。『地球の歩き方』も良いけれど、もっと夢を膨らませてくれる、写真がキレイな雑誌が好き。情熱のラテン国・南米アルゼンチン。スペインからフェリーに乗って北アフリカへも行ってみたい。雑誌って気がついたときに買っておかないと、旅行に行きたい衝動にかられた時の資料として使えなくなる。頭の引き出しは多い方が良いに決まってる。体が自由なうちは(発想も自由じゃないとね)、できるだけ色んな国を回って、色んなことを感じ取って、写真を撮って行きたいと思う。

今日は大忙しだった。石鹸の配達に行ったり、荷物を発送したり、事務所にネガチェックしにいったり、焼いたケーキを届けに行ったり、取引先にギャラを貰いに行ったり、航空券のバウチャーを受取にいったり、農家の採りたて野菜を貰いにいったり、喉が痛いから耳鼻科に行ったり、大忙しのイタリアンの店に邪魔しに行ったり、姉のところにクリスマスプレゼントを届けに行ったり・・・。

毎日、こうして出会う人々。今日は10軒の店や家に行き、22人と会話をした。一緒にその場に存在していることとか、ちょっとした会話でホッとしたり、よく考えると不思議。大好きだった友達が亡くなってから深く考えたコト。「出会う人との一瞬を大事にしよう」って。この次に会おうと思った時には、もう二度と会えなくなったりするかもしれないもの。

夜。
ついさっき、お父さんから電話が来た。いつもなら自宅の電話が鳴るのに、今夜は携帯が鳴った。「秋田のおばさんがさっき死んだ」って。
先月、再会したばかりだったのに。でも、お見舞いに行っててよかった。たくさん会話もしたし、アメリカに住む娘さんのための手紙も書いてもらったし、悔いはない。けど、やっぱり寂しいな。
by monchicamera | 2006-12-22 23:28 | 仙台日記

Christmas用のパウンドケーキ

f0044846_2330443.jpg昨年同様に、某レストランで「マユミ特製パウンドケーキ」をお店のデザートとして出してもらえることになりました。クリスマスっぽく、「ドライフルーツ」のたくさん入ったケーキと前回作った「オレンジピール×チョコ」の2種。ついでに友達に送る分も焼いたり。一日で6本も焼くとさすがに飽きてきます。アパートも甘い香りが立ち込めて・・・、具合が悪くなってきました(笑)

だけど、お菓子づくりを含め、料理をしている時に思うんです。毎日、自分が食べるために作っているけれど、もし自分のCAFEをやる場合、料理の対象はお客さんであって、そのお客さんは「私のつくった料理を食べに来るんだ」と。1杯の珈琲でも同じ。愛情をこめて作らなきゃダメだ。

先日、ある人に「マユミさんの作ったケーキは、もの凄く温かく、もの凄ーく美味しかった」と言ってもらえた。その言葉がすごく嬉しくて、またがんばって作ろう!って思えた。適当に作ったケーキと、「この人に食べてもらいたいから作る」って意気込んだ時のと、なんとなく優しい気持ちになれたときに作ったものと、めんどくせーって思った時のものと、味がバラバラ。これじゃ、お店やっていけない。写真も同じかな。きっと、私は「誰かに喜んでもらえる」ことを仕事にしていきたいんだと思う。これからの課題だな。

f0044846_23301675.jpgそして、今日のランチは『ラタトゥユ』。
フランス版『野菜の煮つけ』って感じ? フランスに限らず、地中海沿岸で広く作られる定番料理です。冷蔵庫に残った野菜を大きめに切って、塩・胡椒・ハーブで蒸すように煮るだけです。「野菜をモリモリ食べたいぞ!」という気分の時に作ります。

今日のハーブは「ローリエ、オレガノ、タイム」で作りました。アメリカみたいな大きなオーブンがあったら、皿に野菜を載せて、ローズマリーたけで焼きたかったなぁ。塩は宮城県・渡波で作っている甘みのある粗塩。野菜の甘みを引き出してくれます。カリフラワーは緑の部分も捨てずに調理。けっこう良い味するんです。
by monchicamera | 2006-12-21 23:30 | mayumioレストラン

ocean drive

f0044846_2103298.jpg青空の東京。仙台よりも3℃くらい気温高め。過ごしやすい。
今日は大学時代の友達とドライブ。目指すは、湘南の海岸沿いにある『珊瑚礁』の黒カレー。一度食べると、大好きになっちゃうカレー。わざわざ行って食べる価値アリ。店内の雰囲気もハワイっぽくて、海を眺めながら食べるのが最高☆ 地元人・Yくんは「茄子とひき肉」、親友のKちゃんは「浜豚(ジューシーな豚バラ肉)」、私は「地鶏」をチョイス。スパイスの混ざり具合が絶妙。ここでしか食べれない味。もう一度食べたくなる味。レストランとはこうあるべきなのです☆

f0044846_2110753.jpg食事の後は、海岸でのんびり。広告関係のディレクターをやっているYくん、さすがに良い場所知ってるねぇ。ファーストキッチンといえど、なんだか西海岸みたいなゆるい雰囲気ですごく落ち着く。テラス席で珈琲を飲みながら、大学時代の思い出話に花が咲く。f0044846_21313160.jpg
平日の昼に、こんなにまったりとした時間が過ごせるのも、3人とも「フリーランス」だからね(フリーターじゃないっすよ!)。普通に会社勤めだったら無理だもんなぁ。

f0044846_21354298.jpgその後、江ノ島へ行ってみる。なにやら頂上にある神社は「恋愛の神様」らしい。こりゃぁ行くっきゃない!と張り切って行ったものの、ピンクの絵馬を見てなんだか気が滅入ってきた。センス悪すぎじゃない?

f0044846_21222936.jpg散歩していると夕日が見えてきた。またもや珈琲タイム。ほんとにカリフォルニアみたいだな。もし、もう一度東京に住めって言われたら、すこし郊外で湘南を選ぶだろうなぁ。行く度に好きになる場所だ。
by monchicamera | 2006-12-19 21:04 | 仙台日記