<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

年末に読んでいる本

f0044846_18455429.jpgPARISの中心部、シテ島に「シェイクスピア&カンパニー」という書店がある。
初めてフランスを訪れた2000年10月。その書店がまだオープン前でシャッターが下ろされているのにも関わらず、ノスタルジックさというか、趣きに心が奪われ、撮った一枚がある。

そのすぐ2ヶ月後、クリスマスの時にもPARISを再び訪れたときにも、やっぱりこの書店に足が向いた。なにか惹かれるものがあった。ネコの写真を片手に、外国語の古い書籍がならぶ店内にそーっと入っていくと、ハンサムな顔立ちで眼鏡をかけたお兄さんが優しく微笑んでいた。2ヶ月前に撮ったネコと外観の写真を見せて「私は日本で写真家を目指しています。2ヶ月前に生まれて初めての海外旅行でPARISを訪れたんだけど、気に入ったのでまたPARISにやってきました」とつたない英語で話しかけた。

眼鏡のお兄さんは、優しそうな眼差しで私の写真を受け取ってくれた。
「おお、これはうちのキティだよ。かわいいね。ありがとう。」と。

眼鏡のお兄さんは「今日はクリスマスだけど、ホットワインでも飲んでいくかい?」と誘ってくれたが、当時大学4年生の私は、ホットワインなるものがよくわからず、薄汚れた店内でご馳走になるのもなんだか悪い気がして、「写真を届けに来ただけなので帰ります」とそそくさと帰ってしまったのだ。

f0044846_18482653.jpg「シェークスピア&カンパニー書店の優しき日々」という本がある。
カナダ人の新聞記者が、実際にこの書店に住み着いていた話だ。
本屋の別の顔は、貧しい作家や詩人たちに食事とベッドを提供する避難所であるらしい。なんともPARISらしい素敵な話だ。

この本を読みながら、この店の別の顔を知った今、あの時ホットワインを頂いて、もっと仲良くなっておけば良かったなぁと思う。今なら間違いなくずうずうしくお邪魔するんだけどな(笑)
by monchicamera | 2010-12-30 18:44 |

2010年を振り返って

年賀状も書き終わって・・・。「昨年はお世話になりました」とか「ご無沙汰してます」とか「今年は○○さんにとって素敵な年になりますように」とか、1枚ずつコメントを書く訳ですが、なかなか合えない遠方の友人や、お世話になった方々など、年賀状を出すたびに懐かしく思い出したり。

先日、夫から「今年は何が楽しかった?」と聞かれ、ブログを見てみると今年はあんまり書いてないんですね(笑)twitterを始めたので、つぶやくことの方が多かったり、mixiでは適当な日記を書いたりしてるんですけど。こういうサイトってあれもこれも手を出すと良くないですね。

1位は「モルディブ」です。
f0044846_1742174.jpg


6月に仕事でモルディブに行く事になったのですが、素晴らしいロケーションで婚礼撮影が出来ました。やはり南国の光と、白い砂浜、青い海は、テンションも上がります。ウエディング専門に撮影をしている私にとっては、感性を刺激される結婚式となりました。


2位は、モノクロ写真を復活させた事
f0044846_1765490.jpgf0044846_177175.jpg

ローライフレックスに黒白フイルムを詰めて、自分で現像しています。主にポートレートを中心に。逗子の商店街の方々や、友人などを撮っています。
プリントは実家に帰った時にまとめて焼いてます。印画紙も10年前に比べて、ずいぶん種類が減りました。

正方形の枠に、すぽーんとそのまま納めた構図は、「その時代に、その場所に、その年齢の自分がいる」という状態を表すのに、とても向いていると思うんです。デジカメが主流になった今だからこそ、「被写体が撮られている」っていう意味を持たせたいと思うんです。「その時代に生きている証」を正方形の中に納めていきたいなぁと。


3位は、友人であるジャーナリストの常岡さんがアフガニスタンで誘拐→解放されたこと。
9月に解放され帰国した後に、何年かぶりで再会して色んな話を聞かせてもらいました。彼がこういう事件に遭遇したおかげで・・・というのも変ですが、世界中の色んな状況について調べたり、考えたりするキッカケになりました。もともと歴史とか地理とか好きなんですけど、イスラム教やアフガニスタン情勢などについて知るキッカケになりました。

ちなみに、常岡さんの著書もあります。
ロシア 語られない戦争 チェチェンゲリラ従軍記 (アスキー新書 71)



2010年は私にとって、ビックイベントこそなかったものの、学ぶチャンスが多い年だったかなぁと思います。2011年はどんな年になるのか。楽しみですね。
by monchicamera | 2010-12-29 16:46 | 逗子日記

Merry Christmas

f0044846_1544557.jpg
みなさんはどんなクリスマスを過ごしていますか?
私たちは普段と変わらず・・・。
3日ほど前に、義父と叔父が主催のクリスマスパーティーに参加してきました。
サンタの格好して。だけど、私の衣装は「幼稚園のおゆうぎ会」みたいになっちゃいました(笑)
by monchicamera | 2010-12-25 08:40 | 逗子日記

アリス・B・トクラスの料理読本

f0044846_9172974.jpgアリス・B・トクラスの料理読本 という本をなにげなく手にとってみた。

中身を見て、驚いた。
「ピカソのためのスズキ料理」とか「クリニック流マトンのもも肉料理」とか。どんなものかと思えば、ピカソに料理をふるまったときの会話とか、レシピがちゃんと書いてあって、注射器でマリネ液をマトンに差し込むことを8日間繰り返すとか(笑)

「フランシス・ピカビア風オムレツ」に至っては、その分量を見ただけでビックリ。卵8個にバターが230gって・・・。成人病にならないか心配してしまう。

当時の芸術家との交流(ピカソやマチス、フィッツジェラルドなどのパトロンだった)や、暮らしぶり、フランス料理の神髄を知ることが出来る1冊だ。
興味のある方はぜひ。
by monchicamera | 2010-12-12 09:26 | 逗子日記