<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ありがとう女川一小 みんなで閉校式

2013年3月末をもちまして、女川の全小学校、全中学校が統合される事になりました。
女川第一小学校、第二小学校、第四小学校(出島)の3つの小学校は「女川小学校」となり、女川第一中学校、第二中学校(出島)は「女川中学校」になります。

明治6年から始まった歴史の長い、我が母校である女川第一小学校。この校舎にお別れをするため、PTAのみなさんや先生方のご協力のもと、オリジナルで「みんなで閉校式」が企画されました。オリジナルの閉校式が3月12日に行われました。
f0044846_14312263.jpg

あの地震にも堪えた校舎でしたが、校庭に仮設住宅を建設するために、震災から1ヶ月後に学校は引越をしてしましました。あれから2年間が経ち、1日だけこの校舎へ子供たちの姿が戻ったのです。

朝8:00。「おはようございます!」と息を白くして走って来る子供たちの姿はとても元気でした。
f0044846_14182660.jpg

思えば「日常」って何だったのでしょうか?
朝起きて、ごはんをたべて、歩いて学校へ行く……という、いままで当たり前だと思っていたことが、
震災後は2度も通う校舎が代わり、通学バスになりました。3年生以上の生徒はこの校舎に馴染みがあり、校門をくぐると「うわーっ、懐かしい!」と叫んでました。

寒い朝にもかかわらず、PTAのお父さんお母さん方が学校周辺の交通整備にあたってくれました。やはり親にとっても、この徒歩通学は嬉しかったに違いありません。また昼食には、200名分の秋刀魚つみれ汁を作ってくださったり、みなさんのご協力なしでは実現しなかったイベントでした。
f0044846_13575396.jpg

f0044846_135939100.jpg
f0044846_0144269.jpg

この日の内容は、校舎の掃除と、鼓笛隊演奏&校歌のセレモニー、記念撮影などでした。感謝の気持ちを込めて丁寧に清掃しました。一方で、長野県小布施からいつも支援してくださっている林映寿さんの特別レッスンもありました。低学年には「ありがとう」という言葉を、中高学年には「感謝」という文字を中央に描き、みんなで記念の寄せ書きをしました。
f0044846_13572185.jpg

f0044846_1495258.jpg

後半は、全校合唱と鼓笛隊演奏と校歌のセレモニー。在校生180名のほかに、女川一小OB,OGのみなさんが加わって校歌を大合唱!女川第一小学校、最後の校歌を、みなさんが一語ずつ噛み締めるように歌っていました。139年の長い歴史がこうして幕を閉じていきました。
f0044846_1358898.jpg

このようなオリジナルの素敵な閉校式になったのは、PTAの皆さんの想いとご協力があったからこそ。そして8年間女川一小に務めたことのある高橋良一先生が、校長先生となって再び戻ってきてくださったことが大きかったと思います。住みやすい地域や学校環境をつくっていくことも、私たち大人の使命なんだなぁと感じた一日でした。みなさんありがとうございました。

f0044846_1358236.jpg

この様子は後日、映像でみなさんにお届けする予定です。お楽しみに…♪
by monchicamera | 2013-03-30 14:38 | 311とその後

3回忌

命日の過ごし方は人それぞれだと思いますが、2013年3月11日は、心穏やかに過ごせたのが良かったです。亡き人々を慕い、良かった思い出を語らうだけで、私たちにとっては素敵な命日になりました。

三回忌に行ったお寺では「人と共に養う」のが供養だと、ありがたい言葉をいただきました。写真館跡に行き、両親が大好きだったコーヒーを煎れ、両親が仲の良かった方々と共にコーヒーを献杯しました。亡き両親について語らうことで供養ができたと思います。

あの日、あの時間、地震が来るまでは夫婦で仲よくコーヒーを飲んでいたに違いない。非日常となったあの場所だからこそ、少しでも日常を取り戻してあげたい。
そして冷たい海の中で死んでいったからこそ、いつも煎れたての温かいコーヒーで温めてあげたい。

そう思うところがあり、毎年命日には自宅跡でコーヒーの儀式をしています。お湯を沸かし、挽いた豆でドリップしました。手間はかかるけど、愛する人たちを思い、丁寧に煎れるからこそ想いが届くものだと思います。
f0044846_23313129.jpg

by monchicamera | 2013-03-15 23:32 | 311とその後

二見光宇馬作「仏像展覧会」

私の古い友人は、5年間毎日ずっと仏像を作っています。ようやく日の目を見たというか、表舞台へ立つときがやってきました。

2月は青山のギャラリーで、3月は大阪、新宿、日本橋を巡回します。ぜひ多くの方に見ていただきたい(買っていただきたい)と思います。

■二見光宇馬作「仏像展覧会」
3月6日(水)~12日(火) 大阪・阪急うめだ本店7階 美術画廊
3月13日(水)~25日(月) 東京・新宿高島屋10階 美術画廊
3月27日(水)~4月2日(火) 東京・日本橋高島屋6階 工芸サロン

産経エクスプレスに掲載記事
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/art/633300/

余談ですが、7年前の彼の兄の死は、私にとっても深い影を落としました。2010年12月に彼の工房を訪ねた時、光の中に包まれた兄そっと降りて来たような、そんな錯覚が私の中にありました。彼の痛みや悲しみがすべて解るわけじゃないけど、彼の心が仏像に現れているような気がします。
f0044846_394882.jpg

by monchicamera | 2013-03-11 03:10 | 逗子日記

女川町写真センター

女川の町民野球場にある「写真センター」へ行って来た。
http://www11.ocn.ne.jp/~osc/index.html

野球場へ移転してから訪れるのは、実は初めてなのである。以前は陸上競技場のオフィスで洗浄作業や拾得物などの管理を行っていたが、陸上競技場解体に伴い、野球場のバックネット裏のオフィスへ移動したのだ。
f0044846_14243281.jpg

3月11日に女川へ帰られる方も多いと思うので、写真センターについて紹介したい。
ここでは、女川町内で拾い集められた写真を洗浄し保管している。人物が特定できている場合は、それを手がかりにデータ化してパソコンで管理している。我が家の写真も50枚ほど保管されていた。姉の小さいころのアルバム1冊が丸ごとあったようだ。エマルジョンが剥がれているが、丁寧に洗ってきれいにまとめてくださったのが感じ取れる。とてもありがたい。
f0044846_14362175.jpg

f0044846_14253224.jpg

写真センターでは、3人の職員が優しく迎えてくれた。1人は父の友人であり、1人は私の2つ上の先輩である。そして女性は震災直後に写真の対応をしてくださった方だった。懐かしい再会で胸がぐっとこみ上げた。我が家の暗室に残った大型バットを、洗浄活動に役立てて欲しくて届けた時に対応してくれた女性だった。2011年3月4月のあの凍えるような日々、冷たい水で1枚1枚を丁寧に洗って、持ち主に返そうと必死に作業していた彼女。彼女はあれから2年間ずっと写真と向き合って来たことになる。
f0044846_14244684.jpg

f0044846_14252515.jpg

写真を仕事の傍らとしている自分にとって、彼女らの努力には頭が下がる思いだ。写真センターとの接点がなかったことを改めて残念に思った。言い訳にしかならないだが、洗浄作業を手伝いたいと思っていたが、なかなか時間が取れずに出向くことができなかった。

「持ち主がなかなか現れてくれないんです」と言っていた。写真センター自体の存在を知らない町民も多いようだ。町から出て行ってしまった人も、なかなか足を運ぶ時間がないのが実情だ。離れた場所でPCで閲覧できたら良いのだが、個人情報やセキュリティーの観点から、そうしたサービスは難しそうだ。

女川に帰省される場合は、ぜひ多くの女川人に立ち寄ってもらたいたい場所だ。「1枚でも多く持ち主に返却したい」と願い作業してくれる彼らの思いを汲み取ってあげたい、そう思った。
by monchicamera | 2013-03-09 14:41 | 311とその後

女川一小の取り組みが紹介されています〜その2〜

テレビ放送のご案内です。
3月9日(土)NHKBS18:30〜(総合は19:30〜)にて
「震災から2年 明日へコンサート」という番組内で、女川一小6年生の歌への取り組みが紹介されます。2分ほどの短いVTRらしいです。
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2013-03-09&ch=21&eid=27219
by monchicamera | 2013-03-09 00:41 | 311とその後

女川一小の取り組みが紹介されています〜その1〜

3月8日(金)
大崎タイムス(宮城県の地方新聞)に女川一小の活動が取り上げられました。子供たちのがんばっている姿が掲載されるって嬉しいですね。

f0044846_0392283.jpg

by monchicamera | 2013-03-09 00:40 | 311とその後