バイクへの憧れ

友人でカッコイイバイクに乗っている人がいる。ハーレーダビットソン。名の知れたバイクの代名詞。名前だけ聞くと、くさいなぁと思ってしまう。2年前、彼のバイクに乗せてもらうまでは、「値段は高いけど、実用性はないんじゃない?」と思っていた。カメラでいうところのコンタックスみたいな感じ。が、夏の三陸を走りぬけてみてその良さがわかった。「カメラでいうところのローライみたいなもんだな」と。アンティークカメラのように、見た目は美しく、機能は至ってシンプル。彼のハーレーはローライダー。すっごい美しい。バイクとしての形がカッコイイと思う。
f0044846_041975.jpg残念ながら、私はバイクの免許を持っていないので、運転することは出来ないけど。いつか、これを自分で運転したら楽しいだろうなぁと思う。これでアメリカをキャンプしながら横断したらたのしいなぁと。LA~Las Vegasあたりを走って、Santa Feあたりのドライな土地を走るのもいいなぁ。San Diegoあたりの海岸線もきれいだろうなぁ。やっぱり、ハーレーはアメリカなんだよな。気分はもう、一気に夏です。
by monchicamera | 2006-03-24 00:42 | 仙台日記
<< 方言は楽しい TV「アンデスに響く黒人音楽」 >>