ペドロ・アルモドバル監督

大好きな映画監督がいる。

スペインの人。彼の描く脚本は知的でかつ美しい。そして最後には涙が出る。
ペドロ・アルモドバル監督。
『オール・アバウト・マイ・マザー』は昔から大好きな映画。
一昨日は『トーク・トゥ・ハー』を観ていた。

ストーリーの展開の仕方、登場人物が持つ秘密やキーワード、各所に見られるド派手なスペインのインテリアデザイン、写真集をめくっていくようなカメラワークと色、そして音楽。
この監督の作品は、自分の好きな要素がたくさん詰まっている映画が多い。

今月末から公開の『ボルベール~帰郷』
すっごく楽しみ☆
by monchicamera | 2007-06-26 11:23 | 仙台日記
<< ワイン会 ジューシーなハンバーガー >>