人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Jan 21/海外にて、初の病院。

結局、荷物が届かないまま朝を迎える。Mexico Cityの朝晩は寒い。標高2200mにあり、光化学スモッグに包まれる大都市。空気だって悪いし、朝晩の気温差だって激しいし、風邪が悪化する状況はそろっている。

朝方になって熱があがってきたような感じがしたので、とりあえずアスピリンを飲んだ。が、一向に熱は下がらない。「これは病院に行くべき状況かも」と思い、友人をたたき起こし(実際には「たたき起こす」ほどの元気は残っていなかった)、知っている限りの人へ電話をかけてもらう「まともな日本人医師を知りませんか?」と。友人Dくんにしてみれば、本当に面倒な事だと思う。感謝、感謝。

運よく、お医者さんが見つかった。土曜日にも関わらず午前中から診察をしてくださるという。タクシーで30分、Dくんに連れて行ってもらう。お医者さんはドクトル高橋先生。ドクトルって辺りがスペイン語だね。なんとなく説得力がある感じ。昭和の気品の良いおじいちゃんと言った風貌で、怪しい日本語を話す。診察するのかと思いきゃ、よくわからない世間話を始めた。「メキシコへ初めてですか?」「両親はガン系統ではありませんか?」「生理は順調ですか?」などなど。
考えてみると、ドクトルは会話の中から私の体質を聞きだしていたのだった。

Jan 21/海外にて、初の病院。_f0044846_12492467.jpg診察室に入ると(そこは4畳半ほどの小さな部屋で、小人が寝るような小さなベッドが置いてあった)、聴診器を肩に当て、「熱がありますね」とドクトルは言う。続けて耳の中をルーペで見ると、「鼓膜が腫れてます」と言う。風邪の症状ってこういう風になるんだぁと関心してしまった。血圧を測るのは旧式の血圧計。体温計は水銀製だ。全てが昭和にタイムスリップしたかのよう。なかなか興味深い病院だった。さらに驚いたのは、私の頬の色をみるなり、「あなたは疲れやすい体質だから、日光に当たり過ぎたりしないように」と言った。確かに5年前に精密な血液検査をした時に、血液成分のなんとかっていう部分の値が高く、同じような診断をされたのだった。ドクトルは顔色を見ただけでそれが分かるのだ!

明日からのグアテマラ出発に向けて(飛行機は既に予約してあったので行くしかなかった)、体調を整えるべく注射を打ってもらうことに。しかし、お尻に打ってもらうのは大人になって初めてだ。かなり痛い。お尻の筋肉が硬直し、歩けない。

とんでもない旅の出発になってしまった。
by monchicamera | 2006-01-21 10:00 | Mid America2006
<< Jan 22/グアテマラ行きを... Jan 20/到着するなり災難... >>